運命の出会い

いくら女子力をあげようとも、一向にギルドでモテる気配がないSaiseiです、こんにちは。
そんなある日、raid開始前の和やかな空気の中で気が緩んだのでしょう

「Human男の○○が好き」

とventでうっかり口を滑らせてしまった人が・・・。
そういう事だったのですね!


世間では人間の女というだけで、ちやほやされる世界があるそうですが、ギルドメンバーは男にしか興味がなく、GLはdruなので苗木もしくは若木にしか興味を示さないような状況では、私の女子力をもってしても難しそうで、羨ましい限りです。

ちなみにそのGLに賄賂を贈っても、はした金では見向きもしなかったのに100年物の腐葉土にコロっといったとか噂があったりなかったりします。

そんなDWでも運命の出会いはあるものなのですね。

humalogさんの熱い視線が、この日ずっとchimameさんへ注がれているのをSaiseiは微笑ましく眺めていたのでした。

広告
カテゴリー: 日々の出来事 パーマリンク